体幹

ここ1、2年で特に感じるのが「体幹トレーニング=ドローイン(簡潔に言うとお腹をへこませる、息を吐いてお腹をしぼる)」と思っている一般の方がとても多いことです。

 

 

間違いではないですし、ドローインが必要な時ももちろんありますが、体幹の安定=ドローイン、は間違いです。

 

 

なんのために体幹の安定が必要なのか、を考えることが大事だと思います。

 

 

 

自由に四肢が動くのか?
呼吸は自然か?
首はリラックスしてるか?
体幹トレーニングで鍛えた体幹は、日常の座位や立位や歩行時に生かされているのか?

 

 

体幹トレーニングが上手な人が体幹が強いとは限りません。

 

 

 

今日の最後のクライアントさんも、MAX 60kgだったスクワットも体幹の入れ方を変えるとMAX130kgまで上がりました。

 

高重量のウエイトトレーニングは体幹の安定感や四肢の動きのチェックの一つとしてやはり必要だと思います。

 

 

 

必要な理論やトレーニングを同業者間だけでなく、毎日の現場できちんと伝えていきたいと、最近は特に思います。