まずは基本から

お客様と会話している中で、色々と気づかされることがあります。


最近特に感じるのは「知っているようで意外と知らない」ことがたくさんあることです。

前回のブログでも書きましたが、例えば膝が痛いときに膝だけ診るトレーナーはいないと思います。

要するに「身体全体を見て、原因を見つける」ことがまずスタートとなります。


但し、お客様の現状は

「患部に湿布をする、注射を打つ」
「痛み止めを飲む」
「サポーターをする」
「痛みがある箇所だけマッサージしてもらう」

このような方が、圧倒的に多いです。


もちろん上記のようなアプローチで改善される方もいると思いますが、対処療法を繰り返すだけの方のほうがそれ以上に多い気がします。

丁寧に身体全体を見れば、必ず原因となる箇所に気づきます。
原因を探り出せば、目的達成まで半分以上はクリアしたと言えるくらい、その後の道筋がきれいに見えてきます。


以上のようなケースが多々あることから、小難しい専門的なテクニックやトレーニングより、まずは基本的な考え方、身体の見方をまだ知らない方達に伝えていかなければと思っています。


自分自身が最新の情報、知識を吸収していくのはもちろんですが、伝えていくべきところはそこではないと。
クライアントのみなさんは基本を一番知りたいんだと、気づかされています。


来年は一般の方向けセミナー、指導者向けセミナー開催など、色々と発信していこうと思ってます。



基本をまずきっちり抑えること。そして正しいアプローチで、効果的に、身体の変化を感じてほしいと、セッションを行う度に強く感じます。