痛みの原因

(長文です、ご容赦下さい・・・。)

 

痛みの改善を目的としたお客様は、当スタジオにもたくさんいらっしゃいます。



様々なケースがありますが、特に膝痛、腰痛、肩こりの方が多い傾向があります。



「病院、治療院に通っていたけど良くならない」
「手術を薦められたが身体にメスはいれたくない」
「運動を進められたが、何から始めたら良いのか分からない」
「運動で改善しようとしたが、余計痛みが増した」
「術後のリハビリがうまくいかず、痛みが続いている」
「レントゲンをとっても異常はない」
「痛みをかばうあまり、他の部位の痛みも出てきた」
「「年齢のせい」と言われたが、納得いかない」



お客様からはこのような声をよく聞きます。




痛みの改善で一番大切なことは「原因がどこか」明確にすることです。




膝痛なら膝にアプローチ、腰痛なら腰にアプローチ、で改善されるケースはどれくらいあるのか?




膝痛は膝以外に問題があるケースの方が多いです。腰痛も同じです。



膝痛であれば、



「足首、股関節の動きは正常か?」
「ニーイン(膝が内側に入る)はしてないか?していたとしたらその原因は何か?」
「大腿四頭筋(もも前)の筋肉を過剰に使いすぎていないか?」
「歩行やランニングでもも裏、殿筋を使えているか?」
「足指に力が入りすぎていないか?」
「足裏の接地は正常か?外反母趾など指の変形はないか?」
「座位、立位、歩行時に体幹は機能しているか?」



以上は必ずチェックする項目です。




個人的な意見として筋肉の問題がほとんどだと思います。



関節を動かすのは筋肉なので、「筋のアンバランス」や「筋肉の使い方」を間違えれば関節に異常がでるのは当然で、さらに骨格のくずれにもつながります。




痛みの原因を間違えれば、行っているアプローチすべてが間違いになります。
スタート時点でコースを間違えているのだから。




それほど重要視されることですが、その原因を勘違いしている(勘違いさせられている)お客様は非常に多いです。




本当の原因を説明してあげると、お客様自身で思い当たるケースがたくさん出てくるので、納得した表情をされる方は非常に多いです。
納得した上でトレーニングすることと、納得できず疑問を抱いた消化不良の状態でトレーニングするのでは、当然結果も大きく違ってきます。




「真摯に身体と向き合い、本当の原因を明確にし、正しいアプローチをすること」




当たり前のことですが、最近改めて大事なことだと痛感する毎日です。

(写真:「クリニカルマッサージ」医道の日本社出版)   
※学生時代から愛用している「クリニカルマッサージ」から一部抜粋させていただきました。筋肉の名称、位置関係はもちろん、どうゆう機能を果たすのか頭にすべて入れておくべきだと思います。読み返すほど、人間の身体の神秘を感じます。特に下肢の筋肉は奥が深いです。