vol.6「5年間のマッサージと5回のトレーニング」

 

約10年パーソナルトレーナーをしていますが、ここ数年は男性のお客様も非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

同時に、近年は身体の不調に悩む男性の多さにも気づかされます。

 

 

 

 

 

 

 

二ヶ月前から受講されているお客様は、肩こりと偏頭痛の改善が目的でfalconに通われています。

 

 

 

 

 

以前から不調に悩まされ、週一ペースで5年間マッサージに通っていたそうですが、

 

 

 

 

マッサージ直後は楽になるが、翌日になるとまた痛みがでる。

 

 

 

 

 

 

5年間はこの繰り返しだったそうです。

 

 

 

 

 

 

falconでの初回セッションで身体をチェックしてみると、

 

 

 

 

 

肩こりや偏頭痛の原因は「足首の不安定さ」にあることがわかりました。

 

(写真)足首の不安定さや、へん平足、外反母趾など、足の崩れは全身に影響します

※(参照) ダンステクニックとケガ―その予防と治療 (大修館書店)

足首と肩こり。

 

 

 

 

 

 

全然関係ないように思うかもしれませんが、

 

 

 

 

 

足首の不安定さが「重心位置のくずれ」「脚のラインの崩れ」につながり、

 

 

 

 

 

「骨盤が傾き」、

 

 

 

 

「腰が緊張し」、

 

 

 

 

それを補うように「上半身を丸く」し、

 

 

 

 

 

「顔を前に出す」ことでバランスをとっていました。

 

(※パソコン作業や運転中も、顔が前に出てしまう方は非常に多いですが、このような姿勢は、首や肩周りを緊張させてしまいます。) 

 

(写真)「クリニカルマッサージ(医道の日本社)」参照

 

 

 

 

 

そこで足首の不安定さを取りのぞくようなアプローチをしたところ、5回程のセッションで肩こり、偏頭痛の症状は改善しました。

 

 

 

 

 

 

不調のある部位だけにとらわれるのではなく、

 

 

 

 

 

「原因がどこなのか見極める」。

 

 

 

 

 

 

こういうところににプロの腕が試される、といつも自分自身は思っています。

 

 

 

 

 

原因を探さずに不調のあるところだけみていれば簡単ですが、

 

 

 

 

 

それで良くなる人は残念ながらほとんどいません。