falcon一周年記念セミナー開催決定

来月一周年を迎えるにあたり、falcon初の自主開催セミナーを行います!


今回は現場で活躍されているトレーナー、指導者の皆様を対象にしたセミナーで、「コンディショニング編」と「トレーニング編」に分けて開催致します。

 


falconのパーソナルトレーニング指導で使用しているコンディショニング&トレーニングの内容から、明日から即現場で伝えるメソッドを厳選し、わかりやすくお伝えします。

 


今回のセミナーを通してスキルアップはもちろん、沖縄県内で活躍する皆様の情報交換、意見交換する機会になれば嬉しく思います。

 


現場で活躍されているプロのトレーナー、運動指導者、ジムインストラクター、学生トレーナーの皆様、ぜひご参加下さい!

 

セミナー詳細はこちらから

 

セミナー申し込みはこちらから

神奈川からのお客様

今朝は、神奈川からお越しのトライアスリート丸川さんのパーソナルトレーニング。

 

 

沖縄にきた際にはいつも寄っていただいて感謝です、今日は基礎トレーニングの再確認。

 

 

2016年も良いシーズンにしてもらえるよう応援しています。

 

お土産も頂きました、丸川さんありがとうございました!

体幹

ここ1、2年で特に感じるのが「体幹トレーニング=ドローイン(簡潔に言うとお腹をへこませる、息を吐いてお腹をしぼる)」と思っている一般の方がとても多いことです。

 

 

間違いではないですし、ドローインが必要な時ももちろんありますが、体幹の安定=ドローイン、は間違いです。

 

 

なんのために体幹の安定が必要なのか、を考えることが大事だと思います。

 

 

 

自由に四肢が動くのか?
呼吸は自然か?
首はリラックスしてるか?
体幹トレーニングで鍛えた体幹は、日常の座位や立位や歩行時に生かされているのか?

 

 

体幹トレーニングが上手な人が体幹が強いとは限りません。

 

 

 

今日の最後のクライアントさんも、MAX 60kgだったスクワットも体幹の入れ方を変えるとMAX130kgまで上がりました。

 

高重量のウエイトトレーニングは体幹の安定感や四肢の動きのチェックの一つとしてやはり必要だと思います。

 

 

 

必要な理論やトレーニングを同業者間だけでなく、毎日の現場できちんと伝えていきたいと、最近は特に思います。

学生トレーナー

自身のトレーニングだけでなく、トレーニング理論などの座学を学びに来てくれるお客さんもfalconにはいらっしゃいます。

 

 

 

その中の一人で、沖縄大学で学生トレーナーをやっている彼は、大学入学当初から学びに来てくれています。

 

 

 

もうすぐ2年が経ちますが、毎回メモをとりながら一生懸命頑張ってくれてます。

 

ひたむきな姿勢に、こちらも色々と学ばせてもらっています。

ワクワクすることが大事

昨日は女子野球選手のトレーニング日でした。

 

11月からスタートしたばかりですが、確実に変化が見られています。

 

 

 

本人も実感しているそうで、

 

「力の入れどころと抜きどころがわかってきた」

「股関節が動きやすくなったのがわかる」

「疲労が残りにくくなった」

 

と昨日も話していました。

 

 

 

 

まだ野球特有のトレーニングはしておらず、

 

「股関節や肩・肩甲骨などがしっかり動くようになること」

「体幹がどのポジションになっても機能する」

「お尻、もも裏で力が出せるようになること」

 

などの、アスリートだけでなく一般の方にも必須となる要素を、徹底的にトレーニングしています。

 

 

 

「これからさらにどう変わるか楽しみ」と話していましたが、今よりも伸びしろがあると感じると、人はワクワクします。

 

 

 

だからこそトレーナーとして、ワクワクさせるトレーニングを提供していきたいといつも思っています。

 

※(写真)柔軟性だけでなく、体幹の強さも必要となるエクササイズです。これだけで、じっとり汗をかきます。

身体から整える

新しいことを覚えるとき、まずやってみようという人と、自分の固定概念が強く、始めからやろうとしない人。

 

固定概念が強い人は、自分の考えにとらわれて人の話を聞けない、聞かない人。

一方で人の話を素直に聞き、まず自分でやってみて、最終的に自分自身の中で消化できる人。

 

 

どちらのタイプが伸びるかは明確です。

 

 

 

そして人の話を聞けない人は「呼吸が浅い」「いつも力んでる」「筋肉が硬い」などの身体の特徴が見られることが多いです。

 

 

 

 

逆を言えば、身体を整えることで考え方、気持ちの持ちようが変わることも多々あります。性格が別人のようになる人も、たくさん見てきました。

 

 

 

心技体と良く言いますが、今の時代は体心技かもしれません。

 

 

 

 

最近は人の話を聞けない子供達が多いと言いますが、身体の状態が昔の子供達と変わってきているのも原因の一つだと思います。

 

子供は全身を使って遊び、疲れ果てて爆睡することが大事。

 

その点、沖縄は自然もいっぱい、公園もたくさんあり、子供達には最高の環境!

 

 

 

スマホ見せる前に海や公園で泥んこになって遊ぼうよ!

 

 

 

 

と、トレーニング後の保育士さんと話が盛り上がりました

 

(写真)好きな公園の一つ、知念岬公園。

「ファイティングポーズ」

先日50代の男性のクライアントさんが、

 

 

「年齢を重ねてても、落ち着くことなくいつまでもチャレンジしていたい。ファイティングポーズを死ぬまでとっていたいです」と言われていました。

 

 

 

 

年齢を重ねたから衰えるのではなく、気持ちの持ちようが若さや老いとして表れるといつも思っています。

 

 

80代でも若い人はいるし、20代でも老いてる人はいます。

 

 

 

 

そしてその気持ちの持ちようを変えてくれるものが「運動」です。

 

 

身体を動かして脳もすっきりさせてあげることで、気持ちもがらっと変わり前向きな気持ちになれます。

 

 

 

 

仕事や家事で忙しい人ほど、身体を動かす重要性を理解している人は多いです。

 

 

 

なぜなら身体を動かすことで気持ちの持ちようも変わることを、実感としてわかっているからです。

 

 

一日5分でもいいので、身体を動かす習慣を持ち、前向きな気持ちで一日を過ごせたら最高ですね。

 

 

 

 

それでは今日も一日ファイティングポーズをとって頑張りたいと思います!

 

 

 

※(写真)スタジオ内のトイレで毎日ファイティングポーズをとっている彼。

 

新年会

毎週日曜日はプロトライアスロン選手のフィジカルトレーニング日でした。

 

 

今はオフ期ということもあり、動きづくりや細かいポイントを意識したトレーニングが行えるので、非常に大事な時期になります。シーズンが始まれば、世界中でレースがあるため中々まとまった時間が取れない分、なおさらこのオフ期の意味合いは強いです。

 

 

競技選手としてだけでなく、人間性も超一流な選手だと思っています。取り組む姿勢を見ていると、いつも応援したくなる選手です。

 

 

その後はコーチ達も交えた新年会に呼んでいただき、楽しい時間となりました!

 

 

今シーズンも最高のサポートさせていただきたいと思います!

 

 

 

フィジーお土産いただきました

那覇市立病院の理学療法士、高良さんが遊びに来てくれました!

 

 


仕事でフィジーに行っていたそうで、お土産&差し入れもいただきました。

 

 


トレーナーだけでなく、各分野の専門家のみなさんとコミュニケーションを取りながら情報交換できるのは貴重な時間ですね。

 

 


高良さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

「5年皆勤賞」授与

【皆勤賞表彰】
5年間、毎週一回のトレーニングを一度も休まず継続されたお客様に「5年皆勤賞」として、falconオリジナルトロフィーを授与させていただきました!

 

 

毎週のトレーニングだけでなく、自宅で行うメニューも毎朝90分間欠かさず継続されています。

 

 

継続が大切だと分かっていても、いざ実践できる人は少ないと思います。

「コツコツ継続」ではなく「毎日の全力の積み重ね」を実践してる姿に、こちらがいつも刺激をもらっています。

 

 

 

御年77歳、奥武島から毎週通っていただいてます。

沖縄に来たばかりで、falconができる前にフリーで動いている時からのお客様で、本当にありがたい限りです。

 

 

 

120歳までトレーニング継続するそうです、僕も軽く70歳越えてますね。笑

 

間違いなく僕が先にリタイアしてると思います、そもそも生きてるかどうか。笑

 

 

 

いけるところまで突っ走って欲しいと思います、本当におめでとうございます!