本年もありがとうございました

昨日で2015年の業務すべて終了致しました。

本日はスタジオの大掃除です。2015年の感謝と、2016年も気持ちよく使っていただけるよう掃除させていただきました。

 

 

2月にOPENしてから、本当にあっという間の一年間でした。

 

 

多くの「出会い」「気づき」「喜び」をいただいた2015年でした。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

2016年も少しでも人のお役に立てる一年間になればと思います。

 

 

皆様、良いお年をお迎え下さい。

感謝。

 

 

「パーソナルトレーニングスタジオfalcon」代表
磯谷貴之

お土産

毎月、宮古島からわざわざ当スタジオに足を運んでいただくお客様。

 

いつもお土産を持参してくださって、本当に有り難い限りですが、今回は僕が大好きな肉みそを頂きました。

帰省されるからと、私の実家の分も含め三つも。笑

 

 

午前に来たお客様も、実家に帰省する時に持っていきなさい、豆腐よう(沖縄の居酒屋の定番メニュー)を頂きました。

と、飛行機の中で食べなさいととらやのようかん。

 

 

沖縄の母と呼んでいます。笑

 

 

他にもスタジオのお客様からは差し入れからお土産から、色々といただくことが多くいつも大変恐縮しています。

いつもありがとうございます。

 

 

本当に今年もお客様に支えられた一年間だったと実感しています。

 

 

尊敬するトレーナー

福井県にあるトレーニングジム「BODY-SENSE」代表、津田トレーナーがfalconに遊びにきてくれました。

 

津田さんはプロゴルファー、プロ野球選手から一般の方まで幅広く指導されています。

 

契約選手サポートのため来沖中の中、二時間ほどお話&トレーニングレクチャーしていただきました!

 

 

 

自分も早くこのレベルのトレーナーになりたいと思いました、毎日の積み重ねしかないですね。

 

津田さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

※写真のポーズは謎です。笑 

 

福井県でトレーニングならココしかない!
http://sense-b.com

 

実用性のある能力を

トレーナーという仕事をしていると、わからないことがどんどん出てきて、それを一つずつクリアするために常に学ぶ必要があります。

 

学校の勉強は苦痛でしたが、今は全く苦痛を感じません。その学びが「人の為になる」のを実感しているからだと思います。

 

そして、わからなったことがわかる喜び、できなかったことができる喜びがあるからやれるんだと、自分自身感じます。

 

 

 

 

大事なのは「人の為になる」「社会で必要とされる」能力が必要なわけで、自分自身のためだけになる能力だったらきっとすぐに捨てると思います。

 

流行の芸能人や歌手の名前が分からなくても、僕の仕事には全く影響しないので知る必要がありません。

 

 

知らなくていいことを知るより、知る必要があることを一つでも多く知りたいと思います。

 

 

 

 

自分にとって知るべきこと、身につけるべき能力はなにか?

そして、それが人の為になる能力かどうか?

 

 

 

 

そこがブレないことが一番大事だと、この仕事をやればやるほど感じることです。

 

 

 

 

2015年もあとわずか、パーソナルトレーニングスタジオ「falcon」は最後まで全力で営業中です。

 

 

目の前の事実がすべて

毎日セッションをしていると、本当に様々な発見があります。

予想もしていなかった身体の反応が出る。
予想もしていなかった身体の動きが出来るようになる。



クライアントのみなさんとの何気ない会話から、ハッと気づかされることもたくさんあります。




本番だからこそ生まれるもの、本番でしかわからないことはたくさんあります。




結局は毎日のセッションの中からしか真実は見えてきません。

だからこそ目の前のことに魂込めて打ち込むことが大事だと。





そんなことを日々感じることができる毎日です。

感謝。

「なぜ?」がわかるとスッと入ってくる

自分自身がほとんどTVを見ないので、健康情報番組の内容はお客さんからの会話で初めて知ることが多いです。



「○○ダイエット法がいい」「○○が身体にいい」・・・など毎日いろんな情報を教えていただきます。



けれども実施する人、実施しても継続する人はほとんどいません。笑



やはり「なぜ良いのか」という原理原則を理解せずにただやるだけでは、熱が冷めやすく継続性に欠けます。


そして、そもそもその健康法は万人に効果があるのか?

Aさんは効果が出たけど、Bさんは逆に身体を壊した。

こういうケースも多々あります。僕がパーソナルトレーニングにこだわるのも、確実に個々に合った指導をしたいからです。



話が少しそれましたが、「形だけ覚えてやる」のと、「意味を理解してやる」のでは全然違います。






トレーニングでもこうゆうケースが多々あります。




先日のセミナーでも「下半身にはスクワットが良いと聞いたのでやってます」という参加者がいらっしゃいました。



確かにスクワットは良いです、僕も週に2~3回はやります。効果も実感します。


ただこれも上記のケースと同じで、


「なぜ良いのか?」
「どうゆう効果があるのか?」
「どのようにやるのか?(回数は?下げる深さは?足幅は?上半身の角度は?呼吸は?動作スピードは?)」


を理解しているかどうかが重要だと思います。




当たり前のことですが、意外と形だけ見よう見まねで行っている方や人から良いと言われたからやっている方はたくさんいらっしゃいます。




「なぜ?」を理解することが大事。「なぜ?」がわかると、スッと頭と身体に入ってきます。




こうゆう気づきを与えられるのもパーソナルトレーニングの特徴だと思っています。

セミナーin熊本

この土日は熊本にて日本トレーニング指導者協会(JATI)セミナーに参加してきました。


僕自身がJATI九州・沖縄支部スタッフのメンバーですが、今年は中々参加できずにいたので久しぶりに参加できて嬉しかったです。
スタッフのみなさん、変わらず元気でした。





講師は全日本バレーボールチームのフィジカルコーチの大楠法晴先生。


「なぜそのトレーニングを行うのか?」という根本をおろそかにしない指導理論は、とても共感できました。
「何をやるか」では「なぜやるか?」が大事。

素晴らしい内容でした。





セミナー参加のため県外に出ることが多く、スタジオのお客様には日程調整をお願いすることが度々あります。
そして、沖縄からはすべて飛行機なので、セミナー代だけでなく旅費も当然毎回かかります。


「外に出ればお金も時間もかかり、スタジオを空ける分収入も減る」と話すトレーナーさんも当然いますし、その通りだと思います。


それでも海外や全国のトレーナーさんと情報交換をして、こちらの専門力を常に磨いていくことが、結果的にお客様にさらに喜んでもらえることにつながると僕は思ってます。

同じ環境にいるとどうしても視野が狭くなり、良いアイデアも出てきません。
外に出て、新しい出会いをして、刺激を受ける必要性をいつも感じます。





人の身体に関わる人は一生勉強する必要があります、終わりはありません。


相手の予想を裏切るくらいの感動を与えたい。


いつもそう思ってます。





今回も非常に有意義な2日間となりました。


主催者の皆様、参加者の皆様、お疲れさまでした!


2015年もあとわずか

今日から12月ですね、今年もあと一ヶ月。


2月にお店オープンをしてから、あっという間の2015年です。

残り一ヶ月、最後まで楽しく元気にお仕事させていただきます。


写真は、一年中海外でのレースを転戦しているトライアスロン選手から、先日いただいた大会タオルとリュックです。
来シーズンに向けてトレーニングも再開しました。


一人一人様々な一年があるんだと、改めて感じました。