自己主張がほしい

「目標を設定し、改善策を考え、行動に移す」ことが自分はとても好きだと思います。

何事もすべて自分で決めたい。納得いかないことには黙ってられない。


良くいえば自主性がある、悪く言えば自分勝手、わがまま。


遠慮もないし、思い切ってぶつかり合える。揉めてもそれを引きずることもない。

自分の周囲はそういう人間関係が今も昔も多いような気がします。





去年から学校現場に指導に行く事が増えましたが、自己主張する生徒が本当に少ない。とても寂しく思います。


言われたことはやる。


返事もいい。


教育現場で言えばいわゆる「良い子」は今は多いと思います。





けれどもそこに自主性はなく、ただやらされているから、成長はない。

自主性がないから、指示を出さなければいつまでも動かない。


「調子どうだ?」「これについてどう思う?」


「普通です」「別に・・・」「わかりません」


早く会話を終わらせたいのでしょう、こんなやりとりが非常に多いです。





主張することがあっても言えないのか

主張することが面倒くさいのか

小さい頃から押さえつけられてきたのか

言われたことをやっている方が楽なのか

大人が求める良い子になろうとしているのか

本当に何も考えていないのか





原因は分かりませんが、初めて指導に行った日はこういう状況に違和感を感じずにはいられませんでした。

しかし最近はこういう状況に慣れて来ている自分もいます。自分の甘さを痛感します。




将来この子達はどうなるのだろう。

余計なおせっかいですが、考えずにはいられません。




遠慮せず、自分の思い、気持ちを爆発させてほしい。

こちらも思い切りぶつかりたい。



なぜならこういうチーム、生徒に成長はないから。




ただ嘆くだけでなくどうしたら改善していけるか。こちらも日々試行錯誤です。



同級生のトレーナー

大学の同級生で、今は函館で「ボディメイクスタジオcaN」の代表トレーナーをしている中谷江里が、先週末falconに遊びに来てくれました。

 

今回はヨガの講習のため来沖していて、予約が取れない売れっ子トレーナーになった今も時間を見つけてスキルアップのため全国のセミナーに積極的に参加しています。

 

学生時代以上にエネルギー溢れていました、同期の仲間が頑張っているのはとても嬉しくなります。

 

えり三日間ありがとう!

 

※パーソナルトレーニング、ヨガ、スポーツアロマを使い、お客様に合った指導をしてくれるボディメイクトレーナー中谷江里のブログはこちら

「ボディメイクスタジオcaN」
http://ameblo.jp/27910730/


専門学生との時間

去年からスポーツトレーナーを育成する為の専門学校で、非常勤講師として授業を一コマもたせてもらっています。

 

 

 





「健康」に関心を持つ人は年々増え、比例するように運動を始める方も増加しています。


そして「身体の仕組みを理解し、運動の正しい知識を備え、指導できる専門家」として、トレーナーという仕事も益々注目されるようになってきました。








学生には知識だけ入った専門家ではなく、「心ある指導者」「必要とされる指導者」として活躍してほしいと願っています。


将来一緒に仕事ができる日が来たら最高ですね。


学生へのトレーニング指導

気づけば10月も後半ですね、沖縄も随分過ごしやすい気候になりました。





今はスタジオでのトレーニング指導が主ですが、外部でのトレーニング指導もいくつかやらせてもらっています。

その中の一つに高校生へのトレーニング指導があります。




今関わっている学校はハンドボール部へのトレーニング指導で、週二回行かせてもらっています。

競技選手は競技の練習(技術練習)だけに偏ってしまい、身体にアンバランスが生じ、伸び悩みやケガを招くことが多々あります。

技術練習以外にフィジカルトレーニングを取り入れることで、関節の動きを良くし、体幹を安定させ、筋力をUPし、効率の良い動きを覚えることで、より競技のパフォーマンスも上がってきます。そして、ケガのリスクも減らすことが出来ます。

中、高校生に関しては成長期も重なり、尚更必要性を感じています。




プロの選手はここの理解は当然ありますし、学生スポーツでも年々理解も深まっているように感じます。

但し、沖縄県ではまだまだ浸透していないように感じています。




そういった中でこの学校の先生はフィジカルトレーニングの必要性をいち早く感じてくれているため、僕自身非常にやりがいを感じていますし、このような考えが県内に少しずつ浸透してくれればと思っています。


このチームに関わり今年で二年目ですが、このチームはハンドボール王国沖縄県の頂点に立ち、そして全国制覇もできると信じています。


まずは来週に行われる大会で思い切りプレーして欲しいと思います!